巣を見つけたらまず連絡

作業員

蜂のトラブルは命の危険にも関わるため、迅速な対応が肝心です。個人でハチ退治しようとすると、刺されてしまう可能性もあるので注意しましょう。蜂に刺されてしまうと、人によってはアレルギー性のショック症状を起こしてしまうことがあります。最悪の場合死んでしまう可能性もあります。そうした事態を起こさないためにも、最初からハチ退治の専門家に依頼することが大切です。こちらのページではハチ退治を依頼する際に知っておいて損はない知識をいくつかご紹介します。しっかりと確認しておきましょう。

まず蜂の中でも危険度が高い種類を知っておきましょう。その種類がスズメバチです。スズメバチは非常に攻撃的な性格をしており、巣に近づくものすべてを敵だと見なし威嚇してきます。またスズメバチは強力な毒を持っており、大型動物であっても刺されてしまうとひとたまりもありません。もちろん人も例外ではなく、巣に近づくのは大変危険です。スズメバチは基本的に春から秋にかけて活動し、8月から9月の夏場に最も活発になります。そのため夏場のスズメバチの巣はその他のシーズンに比べて大きいという特徴があります。

スズメバチは冬眠する前の秋ごろにその数が最大になるため、この時期に巣を発見した際には、いたずらに近づいてはいけません。巣に近づいただけで刺されてしまう可能性も十分にあります。そのため、まずはハチ退治専門業者に連絡し、現場に駆けつけて確認してもらいましょう。